ブレイン・アンド・キャピタル・ホールディングス株式会社

ブレイン・アンド・キャピタル・インベストメンツ株式会社

メンバー

マネージングディレクター

SAWADA, Hiroyuki

ビジネストランスフォーメーションやM&Aなどを中心に、コンサルティング業界で35年以上のキャリアを有する。「事業変革」に関する豊富な経験を持ち、特に、合併や提携、統合を伴う業界再編や、オペレーション改革を専門分野として追求している。また、日系・非日系企業の世界戦略、多角化戦略および組織変革等の長期企業戦略にも携わっている。

ボストン・コンサルティング・グループで戦略コンサルタントとして活躍した後、コーポレート・ディレクションを設立。ジェミニ・コンサルティング・ジャパン代表パートナー。ブーズ・アンド・カンパニー日本代表/米国本社シニアパートナーおよびボードメンバーを経てブレイン・アンド・キャピタル設立。
日経サイエンス等の社外取締役。全米経済学会会員。

ワシントン大学経済学部卒・同修士。
シカゴ大学経営学大学院修士MBA

マネージングディレクター

YAMASHITA, Koichiro

光通信にて、財務企画、M&Aの企画・実行、事業戦略策定等の業務に従事。 その後、三菱系PEであるパレス・キャピタルにおいて、製造業、システム開発業、飲食業などの幅広い業種において、案件発掘から投資実行、投資先企業の価値向上、Exitまでの一貫した活動を8年以上にわたり経験。

その後コンサルティング会社を設立し代表として複数社への事業改善支援や、M&A支援、統合後の内部体制構築支援をした後、ブレイン・アンド・キャピタルに参画。

BACグループにおいては、中堅電機メーカーへの投資におけるエグゼキューション及び、投資候補案件のソーシング、投資候補先経営陣との事業再成長に向けた経営改善、金融機関と連携した投資実行全般を担当。

慶應義塾大学環境情報学部卒業

ディレクター

NAKAMURA, Masaaki

あずさ監査法人にて、電子部品メーカー、機械メーカーなどの東証一部上場会社に対する法定監査、内部統制(米国SOX法)対応アドバイザリー、IPO支援、財務DDなど多様な業務を経験。デロイトトーマツコンサルティング、アビームコンサルティングにて、重工メーカー、総合電機メーカー、総合商社等の新市場・新事業領域参入戦略策定、新興国企業買収、事業構造改革、在外JVの売却、IFRS導入、全社業務改革などの戦略・業務コンサルティングに従事。

ブレイン・アンド・キャピタルに参画後、投資検討~投資実行全般を担当、投資候補先経営陣や金融機関と連携した複数件の投資を実行し、並行して投資済案件の事業成長に向けた取組みを主導中

明治大学経営学部卒業、公認会計士

ヴァイスプレジデント

OKOCHI, Keiichiro

野村総合研究所にて経営コンサルタントとして活躍、その後、ゴールドマンサックス証券で大型M&A案件に取り組んだ後、日系独立系プライベートエクイティーにて案件ソーシングから案件クロージングまで幅広く担当、その後、事業会社等を経てBACに参画。

京都大学理学部、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了

シニアアソシエイト

HAYASAKA, Tomohiro

みずほ証券にて投資銀行業務に従事し、M&AやIPO、公募増資、ストラクチャード・ファイナンス等の案件のオリジネーション及びエグゼキューションを経験。

KPMG FASにて、財務モデリングやバリュエーション等を含むM&Aアドバイザリー業務に従事。

BAC参画後は、投資検討及び実行、投資先企業における内部管理体制の強化や金融機関対応等を担当。

青山学院大学 理工学部卒業、一橋大学大学院 商学研究科経営学修士