ブレイン・アンド・キャピタル

ブレイン・アンド・キャピタル・インベストメンツ株式会社

BACIについて

ブレイン・アンド・キャピタル・インベストメンツ株式会社(略称:BACI)は、スマート・メザニン・ファンド(SMF)の運営を通じ、日本の中堅・中小企業の自主再成長の実現の為、優先株や劣後ローンといった、議決権を取らない形でのメザニン投資を中心に提供する事で、事業の中心であるオーナー・経営陣・従業員を中心とした日本型の自主再成長の支援を実現します。

支援先企業のメインバンクとの協調体制を構築し、メザニン(優先株・劣後ローン等)での資金支援を主軸としながら会社経営にも深く関与し、既存のオーナー・経営陣の皆様と一体となり事業改善を行います。結果、支援先企業・金融機関・BACIが三位一体となり、支援先企業自身の自主再成長が実現でき、その再成長の実現による事業価値の向上分は既存のオーナー・経営陣・従業員が保全できるという、他のファンドでは実現できないスキームで支援を提供する事で、日本の中堅・中小企業の真の意味での自主再成長を支援して参ります。

BACIの特徴

1

議決権を有しないメザニン投資(優先株・劣後ローン)を中心としながら、ハンズオンにて経営支援を実行

2

メザニン投資(優先株・劣後ローン)の提供により、純資産の底支えを実現する事で、金融機関から見た与信改善が可能

3

オーナーチェンジを伴う通常のプライベート・エクイティ・ファンドと比較し、フレキシブルなスキーム提供(議決権を持たない優先株や、劣後ローンによる貸付など)が可能であり、原則としてオーナーチェンジは発生しない

4

BACSとの連携により、実際の達成すべき自主再成長の目標実現に向けた現場での具体的な成果実現に直結するプログラムの導入と現場の意識改革により醸成されたコミットメントによる実践活動の支援を提供

5

事業の社内承継等を望まれる企業に対しては、一時的な資本の担い手(ブリッジ・エクイティー)として、オーナー経営者ご引退後、次期経営陣の体制が確立するまでの間、次期経営陣と一体となり事業運営を支援し、資本的にも事業的にもスムーズな事業承継を実現

6

事業承継のための投資スキームとして、議決権の移動の必要がない為、ご引退されるオーナーからすると、会社を売却したという形にならず、対外的にもスムーズな事業承継の説明が可能


投資対象とスキーム

投資テーマ 中堅・中小企業の再成長支援
想定対象企業 事業ファンダメンタルにおいてキャッシュフローが出ている(もしくは資金を伴わない事業改善においてキャッシュフロー創出が見込める)が、見た目の純資産・収益力に問題がある企業
  • 足元の利益水準は問題ないものの、過去の一時的損失により純資産が薄く、資本性資金による短・中期的下支えが必要
  • 不採算事業を整理し、本業から潤沢な利益・キャッシュフローが期待できるが、現状の利益水準ではリストラクチャリングの資金が捻出できない

スキーム

投資テーマ 事業承継の支援
想定対象企業 親族もしくは幹部役職員への事業承継ニーズがある企業
  • 承継に際しての資金調達(銀行からの借入含む)や後継者への体制移行に課題を抱えている
  • 但し、バイアウト・ファンドや同業他社といった第三者に経営権を取られることに抵抗がある

スキーム